2017年11月21日

[Apple/iPhoneX]BaseBandModemの話

ニッポンで売られてるXってA1902というモデルでQualcomm 製チップが入ってる

Models A1865/A1902: Qualcomm MDM9655 Snapdragon X16 LTE
Model A1901: Intel XMM 7480


BaseBandが一番充実してるのも日本向け仕様のA1902だ、海外版A1865(USのベライゾン仕様)だと若干Bandサポートが少ないよ。いわゆる外れというのがModel A1901(GSM向け)だ、海外版を喜んで買ってくる人の気がしれん!。
ちなみにModel A1901にはIntelのModemチップが搭載されているとの事です
以下に比較してみた・・・


------------------ GSM ------------------------------------------
A1865(GSM)
GSM/EDGE (850, 900, 1800, 1900 MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA (850, 900, 1700/2100, 1900, 2100 MHz)

A1901(GSM)
GSM/EDGE (850, 900, 1800, 1900 MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA (850, 900, 1700/2100, 1900, 2100 MHz)

A1902(GSM)
GSM / EDGE (850, 900, 1800, 1900 MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA (850, 900, 1700/2100, 1900, 2100 MHz)


------------------ 3G ------------------------------------------
A1865(3G)
CDMA EV-DO Rev. A (800, 1900, 2100 MHz)
TD-SCDMA 1900 (F), 2000 (A)

A1901(3G)

A1902(3G)
CDMA EV-DO Rev. A (800, 1900, 2100 MHz)
TD-SCDMA 1900 (F), 2000 (A)


------------------ LTE ------------------------------------------
A1865(LTE)
FDD-LTE Bands 1 (2100 MHz), 2 (1900 MHz), 3 (1800 MHz), 4 (AWS), 5 (850 MHz), 7 (2600 MHz), 8 (900 MHz), 12 (700 MHz), 13 (700c MHz), 17 (700b MHz), 18 (800 MHz), 19 (800 MHz), 20 (800 DD), 25 (1900 MHz), 26 (800 MHz), 28 (700 APT MHz), 29 (700 de MHz), 30 (2300 MHz), 66 (AWS-3)
TD-LTE Bands 34 (TD 2000), 38 (TD 2600), 39 (TD 1900), 40 (TD 2300), 41 (TD 2500)

A1901(LTE)
FDD-LTE Bands 1 (2100 MHz), 2 (1900 MHz), 3 (1800 MHz), 4 (AWS), 5 (850 MHz), 7 (2600 MHz), 8 (900 MHz), 12 (700 MHz), 13 (700c MHz), 17 (700b MHz), 18 (800 MHz), 19 (800 MHz), 20 (800 DD), 25 (1900 MHz), 26 (800 MHz), 28 (700 APT MHz), 29 (700 de MHz), 30 (2300 MHz), 66 (AWS-3)
TD-LTE Bands 34 (TD 2000), 38 (TD 2600), 39 (TD 1900), 40 (TD 2300), 41 (TD 2500)

A1902(LTE)
FDD-LTE Bands 1 (2100 MHz), 2 (1900 MHz), 3 (1800 MHz), 4 (AWS), 5 (850 MHz), 7 (2600 MHz), 8 (900 MHz), 11 (1500 MHz), 12 (700 MHz), 13 (700c MHz), 17 (700b MHz), 18 (800 MHz), 19 (800 MHz), 20 (800 DD), 21 (1500 MHz), 25 (1900 MHz), 26 (800 MHz), 28 (700 APT MHz), 29 (700 de MHz), 30 (2300 MHz), 66 (AWS-3)
TD-LTE bands 34 (TD 2000), 38 (TD 2600), 39 (TD 1900), 40 (TD 2300), 41 (TD 2500), 42 (TD 3500)

posted by taga at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

[Docomo/Xperia/Z3C/A4/]おさらい:Android6.0.1:SO-02GをRoot化する

いつの間にか動作がおかしくなったのでもう一度ファーム焼き直ししてみました
※念のために書いておきますが以下記事はBootloaderはLockされたままでOKです
※Z3CはドコモのSIMロック解除対応機種です、正規に買った人はMyDocomoで解除できます
※白ROMを買った人は解除コードを買いましょう->https://www.unlockunit.com/
※白ROMを買う前に所有者に解除してもらうといいよ、回線解約してなければ出来る

Z3CとA4はハードが同じです。なのでZ3CにA4のファームが焼ける:
ではなぜZ3CにA4のファームを焼くかという理由ですが、Z3C用Android6.0.1はOTAのみで提供されましたので更新用FTFが存在しないのです。しかしA4(SO-04G)にはftfが提供されました。なのでZ3CユーザはA4(SO-04G)ファームを使ってroot化するのです。

同じ理屈でZ3(SO-01G)をAndroid6.0.1にしたいとおもうでしょ?、でも出来ないんだなあ。これが、Z3にはAシリーズのような兄弟機種が無くFTFが提供されません。なのでBootloaderアンロック以外の手法でRoot化出来ない。Android4.4のままでならなんとRoot化できるんですが・・・そんなん要らんし。

何度も書きますが、あのキャリアお仕着せの”超むかっ腹の立つ”アプリが消せない以上はAndroidなんか買うもんかという人がいっぱい要ると思いますし、SIMフリー中華や台湾スマホが余程快適だ。Z3C以降のXperia が売れないのはそういう理由が大きいと思います。無駄なアプリがメモリにノサバり電池を無駄に減らす・・・一体誰を何処を見て端末を開発し製造しているのか?(いやいやキャリアだけを見て開発してます、顧客の事なんか知ったことか馬鹿たれって聞こえる!)、iPhoneならこんな事は有りません。キャリアに依存しない完全SIMフリーのお財布付スマホがなぜ販売できんのか?ソニーのネットショップで売ればよいのに・・・日本のスマホメーカはキャリアの下請けで端末を作ってるだけである。海外向けにもXperiaは端末販売しているが日本国内ではとても使えない仕様(お財布なし、baseBnadは海外向けそのまんま。フォント汚い等等)

ftfファイル入手先
SO-02G_23.0.B.1.59_docomo.ftf をDownloadする

adbのセットアップ

flashtoolの導入
※driverをちゃんとinstできないとかけませんよ!
※ド素人には無理ですよ、誰かにやってもらいましょう!

flashtoolでSO02G向けandroid4.4 のdocomo純正ファームを焼く
※driverをちゃんとinstできないとかけませんよ!
※ド素人には無理ですよ、誰かにやってもらいましょう!
DownloadしたSO-02G_23.0.B.1.59_docomo.ftf を焼く

root化:android4.4のZ3CをRoot化する

TWRPの導入
開発者になりUSBDebugをOn,提供不明アプリを認証するにチェックをいれておく。
Z3C-lockeddualrecovery2.8.26-RELEASE.combined.zip <- これを解凍しdos窓からadb shellで中のinstall.batを実行する

TWRPの起動方法
電源ON直後sonyロゴが出た後に画面左上のLEDが緑点灯したら、
即、ボリュームダウンキーを連打する。LEDが赤点灯したら連打終了。
TWRPトップ画面が出る。

TWRPの更新
TWRPのInstallから以下を選んでinstallする(1を選んでSuperSUを使う)

TWRPの更新その2:(やらなくてもいいけど)
TWRP3.0.2を起動後、Installからimageを選び以下のファイルでRecoveryエリアを更新

TWRP(3.0.2以上の版で)からprerootファームを焼く
これでZ3CがAndroid6.0.1になります
※あらかじめTWRP起動前にSDカードにprerootのzipを置き、TWRP起動後installからprerootを焼く
※焼いた後にWIPEでdalvikcacheとcacheをクリアする

※これを焼くとドコモ仕様のBasebandに戻ります

※せっかくBasebandをフルバンド対応したんだからBaseBandをドコモ仕様に戻したくないという人向け
※以下はBaseBandを書き換えない版です

端末名をSO04GからSO02Gに変える:
設定->端末情報を見るとモデル名がSO-04Gになります、設定->認証を見ると認証名がSO-04Gになります
元ファームがA4(SO-04G)用なのでこうなってしまう。
これが超嫌だよね、なのでZ3Cとして書き直しします(以下)。
TWRPでinstall-> set-id_to-so02g.zip

GPS位置情報サーバをGoogleに変更
TWRPでinstall->->gps_so04g.zip

Tetheringを有効にする
TWRPからこれInstall->so04g_docomo_tether_enable.zip 或いは
PCからADBで以下実行
※1回やればOK
$adb shell
$su
# settings put global tether_dun_required 0

※以下な方法もあるけどメンドイよ

主な無駄Docomoアプリを削除
※このzipの中のwipe_docomo.shを書き換えれば修正できます
※HomeアプリはXperiaHome以外全部削除してます
※ちょっとづつ消していくのもいいでしょう!
※そのほかに、画面長押しの通常消去方法で消せるアプリもあります

ドコモのダイヤラ
※ドコモ連絡帳と連携しているのでドコモアプリ消してるとこれすごくウザい
※デフォルトのSony製ダイヤラは標準Google連絡帳と連携してますのでドコモダイヤラは不要です

Xperia用電波受信状態測定アプリ:(root化要)
Xperiaカーネルでのみ動作するアプリ
TechMode_23.5.B.0.396.zip  <-Basebandの電波受信状態測定アプリ
※電話ダイアルで*#*#386*#*#でアプリ起動する(OSが完全に立ち上がり後操作できるので起動後は数分待て)

ドコモ音声入力
※TWRPでドコモ音声入力を消したり再度instしたり

ドコモDマーケットを消す
※Dマーケットを消すとドコモ連携アプリがアップデート出来なくなります

ドコモDマーケットを戻す
※Dマーケットを元に戻す場合以下をTWRPでinstしてね

要らないアプリを消す方法
画面長押しで赤のバッテンマークが出るアプリは簡単に消せますが、赤のバッテンマークが出ないアプリを消したい人への手順紹介です。

Xperiaのアプリ名と実態名称の関係リスト->so02g-app-list.txt
これで消したいアプリの実態名を調べます
さらに以下で自身Xperiaのアプリリストをテキストに書き出します(以下)
$adb shell pm list packages -f > so02g-list.txt

で、このlistからアプリ実態名の実際のファイルパスを調べます、winrarなど圧縮解凍toolで以下ファイルの中の"wipe_docomo.sh”を抜出、これを編集し、自分の消したいファイルパスに書き換えます。何個でも消したいファイルパスを並べればよろしい。編集した"wipe_docomo.sh”を元zipに書き戻せば終了、これをTWRPでinstallすれば嫌いなアプリが消えます。

シャッタ音を消す
FileManagerなどでインスト->XposedInstaller_3.1.1.apk
FileManagerなどでインスト->ma.wanam.youtubeadaway_v351_fc4959.apk
FileManagerなどでインスト->org.androplus.wedymod_v6_8c0d0e.apk

rootfsを読み書き出来るようにしておく
$adb shell
$su
#mount -o remount,rw /

XposeInstallerアプリを起動しFrameworkをinstallし(rootfsへの書き込み権限が必要)再起動

Framework導入などはTWRPからでもいけるらしいけどうまくいかなかった
TWRPでインスト->xposed-v87-sdk23-arm.zip

※wedymodアプリで”シャッタ音を消す”にチェックをいれるとサイレントモード時にシャッタ音が鳴らない

広告を消すアプリ
※adawayアプリメニュにあるhostソースに以下URLを追加するといいよ

deodexは余り効果が感じられないのでやりません
不安定な感じがするし!

PreRoot作成Tool

内蔵ストレージを外部SD利用して増やす方法
この機種Z3C/A4の場合、最大32GBまで内蔵ストレージを増やせる
SDカードの一部を内蔵ストレージに割り当てる方法である
通常は内蔵ストレージサイズが16GBである

SDカードのパーティション識別IDを読む
$ adb shell sm list-disks
 disk:179,64

※この機種Z3C/A4の場合、内蔵ストレージは合計32GB以内の制限がありSD容量64GBなら75%を外部割り当て可能
※ただし、SDカードはフルフォーマットされるので事前にSDのBackupが必要
※SDのBackup後、SDカードをMBR形式のFAT32でSDカードをフォーマット(フォーマットTool)しておく事
※SDのフォーマットでは一旦パーティションを全部削除しFAT32・MBRでフォーマットしておく事

※以下はSDカードの75%を外部ストレージに利用、残りを内蔵ストレージに割り当てるの意味
$ adb shell sm partition disk:179,64 mixed 75

※実行後再起動をしてください、何か問題が有れば再度SDのパーティション削除からやり直しです
※設定->ストレージに内装ストレージとSDカードが表示され、さらに外部ストレージが表示される
※内蔵側に追加されたSD領域は 設定->設定->ストレージ->SDカード で確認可能
※内蔵側に追加されたSD領域はMTPでマウント出来ない、アプリが勝手に利用するようであるが確かに増えている

その他BaseBandの書き換え
BaseBandはデフォルトに戻るので
QPSTやQXDMで3GやLTEモデムをフルバンド対応しないといけませんねえ!

QPST/QXDM関連の入手:
QPST 2.7 build 402 solcam.rar  <-QualCommのQPST BaseBasdツール
QXDM-3.12.714-www.getdriver.com-.rar  <-QualCommのQXDMツール
SO-04G Diag Drivers.rar  <-HTC Diag Driver にSO-04GのPIDを追加したもの

■開始
>adb shell
$su
#setprop persist.usb.eng 1
※USB デバッグを一度Offして再度OnするとDiagデバイスがデバイスマネージャに出てくる
※diagモデムデバイスはたくさん出現する、たぶんMI_04がモデム
■終了
>adb shell
$su
#setprop persist.usb.eng 0
※この後で、USBデバッグをOff->Onに操作するとBaseBandチップがDiagModeで認識できる

■SO-02G 改造設定 NV1877 (3G)
※QPSTでポートを設定しQXDMで以下値を書き換える
※QPSTのRF_NV_Manager.exeでも書き換え出来る
100600000EE80380(HEX)
1154610354717197184(Decimal)

[Bit_07] GSM DCS 1800 band
[Bit_08] GSM Extended GSM (E-GSM) band
[Bit_09] GSM Primary GSM (P-GSM) band
[Bit_19] GSM 850 band
[Bit_21] GSM PCS 1900 band
[Bit_22] WCDMA Band I    - EUROPE JAPAN & CHINA IMT 2100 band
[Bit_23] WCDMA Band II   - US PCS 1900 band
[Bit_25] WCDMA Band IV   - US 1700 band
[Bit_26] WCDMA Band V    - US 850 band
[Bit_27] WCDMA Band VI   - JAPAN 800 band
[Bit_49] WCDMA Band VIII - EUROPE & JAPAN 900 band
[Bit_50] WCDMA Band IX   - JAPAN 1700 band
[Bit_60] WCDMA Band XIX  - Reserved for BC10-1700 band class

UMTS_BC1 UMTS_BC2 UMTS_BC4 UMTS_BC5 UMTS_BC6 UMTS_BC8 UMTS_BC9 UMTS_BC19

■SO-02G 改造設定 NV06828 (LTE)
ID:06828 
169215109(Decimal)
A160485(Hex)
1010000101100000010010000101(Bit)
Band1 Band3 Band8 Band11 Band18 Band19 Band21 Band26 Band28
bit0 bit2 bit7 bit10 bit17 bit18 bit20 bit25 bit27

■確認ダイアル番号:*#*#7378423#*#*
ServiceInfo->Configuration



posted by taga at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月19日

[Apple/iPhoneX]重要:送料込みで99円iPhoneXのガラスフィルム

Amazonのプライム会員だと送料無料で99円のiPhoneXのガラスフィルム見つけました!、一人1個迄しか買えませんけど百均より安いのでお知らせしておきます。無くなる前にどうぞ、iPhoneXを持ってない人もプレゼントに如何!
※同時に一人1個迄という意味です、2回に別けて買えば何個でも買えるかな。私は2個買いました・・・


711ItBMO9YL._SL1500_.jpg
posted by taga at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月18日

[Xperia/Android]懲りずに今日もSO-04Eの分解

液晶が割れてます、3G/LTE通信ができない基板ですがWIFIは使えます。ジャンク入手の1000円です、外観が比較的きれいなので上手に分解しております。ジャンクをいくつか入手して1台まともなセットにして永久保存しようと思っているところなのですがこのXperiaのA(SO-04E)はどんなにUpdateしても所詮Android4.4です。今時使い物にはならんとですがね!、このままバラで引き出しの肥やしになる事でしょう。暇つぶしにはもってこいなんですよ!



IMG_4312.JPG
IMG_4311.JPG
IMG_4314.JPGIMG_4315.JPG
IMG_4317.JPGIMG_E4314.JPG
posted by taga at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月17日

[iPhone/Android]狂気の沙汰:国内キャリア版Androidのガラパゴス度合

最近の国産Android端末の酷さは目に余る、まともだったXperiaがとうとう屑に成り果て・・・どこのキャリア版も同じく自社のベースバンドしか使えない。iPhoneなら全世界のベースバンドが使えるのにである、SIMロックなんて外しても何の意味もないのである。総務省という木端役人の目くらましでSIMロック解除が出来る様にはなったがベースバンドがキャリア固定では何の意味もないのである。AndroidのRoot化はQualcommチップのM側ベースバンドCPUの設定変更をする唯一の手段なのだが、カーネルに"dm-verity"何ぞを入れてしまったおかげでシャットアウトされてしまった。XperiaではBootloaderのUnlockが可能だけど、これをやるとカメラがノイズだらけになる(真にけち臭い根性の所業)。ドコモのAndroidを開いたら判る事だが、あのゴミだらけのドコモ系アプリの匂いの臭いこと!、夢の島じゃあるまいに・・・。あれ、たとえ消せたとしてもGPS即位サーバがドコモローカルな腐れサーバ。なんでgoogleのサーバ使わんかな?。
Xperiaでroot可能な最後のシリーズはZ3/Z3Compactである。これ以外のXperiaはゴミ屑でしかなく商品としての価値が無い。felicaさえあきらめればZUKのZ2Proなんか安くていい端末だ、Bootloaderをアンロックしてもカメラは馬鹿にはならない。前にも書いたが富士通のF05Jなんか屑端末である、BaseBandは弄れないしGPSはドコモ色しておりおかしい。富士通スマホ社が倒産するわけである、あんなん売れんだろwithとかついてるけど・・、屑に成り下がったXperiaって端末製造を止めてしまえばいいよな、S印は部品で儲かればいいだろ!

それにしても、iPhoneは全般的によくできている。iPhoneとXperiaのZ3Cでこんな実験をしてみた、それぞれをBluetoothで接続し音楽が途切れ始める距離を測定するのである。Z3Cは3mでブツブツ音が切れ始めるがiPhoneは5m離れても途切れない。WIFI電波の受信感度についても同様、iPhoneの方が素早くつながる。一事が万事この調子なのである、Androidが悪いというよりXperiaがいい加減なのだろう!iPhoneXを使いはじめて5日たったがXperiaで感じた不具合はiPhoneXには無い。Appleのアンテナ設計者が優秀でXperiaのアンテナ設計者が愚鈍という事の証明である、日本にも優秀なアンテナ設計者はいるがXperiaにはその人々が在籍してないのだろう・・・薄く、軽く、カッコよくデザインだけが先行し中身が伴わない。

海外で販売されるiPhone8/XでもFelica/SUICAが使えるらしい、全世界でSUICAが使える時代になるのか?海外版はサイレントモードでシャッタ音がしないのでAppleJapanではなくいPhoneはこれからは海外Appleで買うといい。あのシャッタ音問題も総務省の木端役人の考えで始まった事だ。法律で決まった事でもないのになんで従うのだろうか?バカのいう事は無視すればいい。盗撮は盗撮者の責任である、音を消せないカメラを作ってどうするのか?アホ馬鹿の所業である。
国産Androidを触ってるとほんとにむかっ腹が立つのである!

posted by taga at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月16日

[Xperia/Z3C/Mashmallow]SO04G/SO02G(23.5.B.0.368) ブラウザと電話アプリ

今頃気が付いた事ですが、なぜかZ3C(というかZ3CにSO04Gファームを焼きその後root化した奴)には電話アプリが2個有る。一つはドコモ製でドコモ電話帳と連携してる、もう一つはソニー製らしく標準電話帳と連携してる。ドコモアプリを全部消してるのでドコモ電話帳が開かないのでこの電話アプリは消さんとあかん。という事で消すTWRPアプリを作った、念のために元に戻すアプリも作ってあります。(以下)

何気にChromeブラウザで十分だと思ってたらMydocomoに一部ページが反応しない時があった、なのでXperia標準のデフォルトブラウザをinstするTWRPアプリを作った、消す奴ももちろん作りました。Chromeより使いやすい感じがする

ドコモメールって私はほとんど使わないんす、Gmailで十分だしドコモメールって迷惑メールが酷いので実質使えない。嘘だとおもうならすき屋のチラシにある応募サイトにドコモメアドを登録してみるといい、1時間もしない内に何百通もの迷惑なゴミが降ってきます。無料GMailなら完璧に迷惑シャットできるのに・・・困ったものです。誰にも公開せずに使うメアドとしてなら使えますが、意味ないね。で、どうしてもこんなアホなメアドを使いたいなら以下のTWRPアプリでinst出来ます。GMailにドコモメールアカウントを設定しgmailの迷惑メールフィルタを使うといいかもしれないが・・・ドコモって余程のアホが住み着いてるような・・・

そのほか)
私はBoseQC30を耳栓替わりに使ってなんかしら聞きながら仕事してるんですが、Z3Cで音聞いてると3メートルも離れると音がブチぶち切れる、iPhoneだと5メートル以上離れていても切れることが無い。他にもWIFIの接続性もiPhoneの方がいい、Androidがいけないんじゃないんだよね、Xperia の設計が悪いのです。アンテナ設計が出鱈目。この点はXaomiとかの中華製の方が余程しっかりしている。とりあえず最新ハード用のYoctoレシピ完成して一仕事終わった、ubootとカーネルソース書き直したゾ、全国の病院で使う機械だ。相変わらず年がら年中こんなことをやってる!
posted by taga at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月14日

[Apple/iPhoneX]要注意:重要:QuickCharge3.0対応充電器

iPhoneXってカラーバリエーションが2色あるんですね、でも表は全面OLEDなので真っ黒。違いは裏が黒いか白いかでしかない。カバーしたら違いが判りませんよ!

最近Qualcomm規格のQuickCharge3.0とか2.0仕様の充電器が出回ってますね、これはワイアレスQi充電に採用された規格なのですが、この充電器を有線で直接iPhoneに刺してしまう人が居るのには驚きです。ものを知らないというか何も考えないというか・・・おかしいですよね・・・QuickCharge3.0なんて9V2A位までで電圧電流が掛り流れるようです、iPhoneへの充電規格は5V2.4AがMAXです。これに9V2Aが万が一加わるとぶっ壊れます!、特にiPhone5位の古い端末は間違いなく壊れる、iPhoneXでどうなるか試すなんて恐ろしいことは、とても遣れません、私はね・・・この新しい電源規格の事をUSB-PDという様です。

一応はiPhone 8/8 Plus,iPhoneXはUSB-PD対応らしいので壊れる事は無いようです。でもiPhone7など旧機種に刺すと壊れます。

これをワイアレス充電器に刺して使う場合には急速充電が出来ます。もっともiPhone8/XのiOS11.1.1側がまだワイアレス急速充電に未対応なのでiOSアップデートが出るまで通常充電しかできません。Apple純正のワイアレス充電器もありませんしね

機能的には10W充電器なのですがiPhoneX側iOS111.1.側がQi充電の急速充電機能に対応できてない。やはり純正Qi充電器が発売されるまで待つしかないがとりあえずこれでOK。
sc_20171112132342.jpg



出力:5V3A QC3.0/9V2A/12V1.5A
5142yAo0uVL._SX425_.jpg
posted by taga at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月13日

[Apple/iPhone]iPhoneX256SGの印象

昨日入手しての今日の一日、大した事件も無くiPhoneXがちゃんと動いてる。電池はiPhone7Plus時代と余り変わらない。フリーズも不具合も全く無しで快適である。iPhone7Plusよりサイズが小さい割に画面領域はほぼ同じ。
1時間も触ってるとホームボタンが無くなっても操作性に違和感は無い、顔認証では目を開けてないと認識できないが視覚障害者(眼くらとか)はどうするんだろう・・・と思ったが障がい者用設定が在った。よく考えられている、よくできたお面だとごまかしができるそうだが・・・赤外線スキャンができるなら温度でわかる気がする。そのうちにUpdateされるんだろうな。
首をちょん切って強盗を働く奴が出てきそうで怖い気もするが死んだ首なら温度低いし・・・iPhoneXって結構離れて居ても顔認証がOKみたいだ。縦置きの充電器乗せたままにで顔がパスできるのだ・・・しかし、もう少し飽きが来た。高い割に1週間もワクワク出来ない点でイノベーションが足りてない。MACBookの新しい奴を買えばよかったと 少し後悔!
posted by taga at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

[Apple/iPhone]iPhoneX256SGの事 あれこれ

Youtubeである変な奴の動画をみて->iPhoneXが初期不良で動かなくなったという話を見て思ったこと。
言ってる事が”めちゃくちゃ”なんだよね、この動画見て買うの止めた人も多いんだろうなあ!。一種の犯罪だな、私のiPhonXなどは何の問題も無い、凄く調子がいい。フリーズするとかいう奴もいるが私の場合、そんなことは全く無い。
初期不良に当たったのは災難ではあるが、新品と交換しろとか整備品は嫌だとか言うとる。中国人の手による中華新品よりも日本の修理工場で組みなおした整備品の方が余程に信頼度が高いだろうに、他人の使い古しが嫌いとかいう意見は狂ってるとしか思えないなあ。日本の整備品は大いに結構なのである。

この変な奴曰く、iPhone5Sを持ってるけどiPhoneX用SIMが使えないので戻れないという。どっちもNANOSIMだから差し替え出来るだろうとコメントしたら”いい加減な事を言うな”と返事が来た。AuのiPhoneX用nanoSIMはiPhone5Sでは使えないらしい。それってAUの特殊性だろ・・・いい加減なつもりでコメントはしていないのでむかっ腹が立っている。
なので自身Blogに書いてる・・・
ああ、今日は嫌な気分である。


posted by taga at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月12日

[Apple/iPhone]iPhoneX256SGがやって来ました

今日の午前11:30頃に到着しましたiPhoneX あれこれBackpなぢ含め2時間程度でInstall完了。
ホームボタンが無いのはすぐに慣れましたし電源ボタンは物理スイッチから感圧式に代わってます。iPhoneってXperia よりBluetooth電波感度が良いんですがiPhooneXもやっぱり同じく感度がいい。Xperia-Z3Cだと2mも離れるとブツブツ言い出すけどiPhoneはOK。顔IDは瞬間認識するので具合がいい。RAVPower充電器は10WOKですがiOS11.1.1側がまだ急速充電未対応らしい。Apple純正が出るまで待つしかない、それとAppleWatchのQi充電器がiPhoneXで使えるんじゃないかと思ったけど、やっぱり使えなかった。

youtubeやらネット上でiPhopneXがフリーズしたとか壊れてタッチが利かなくなったなど多くの事例があったけど、私の場合、そういう事が全くない。iPhopneXってiOS11.1だと思ってたら今はiOS11.1.1アップデートが出てる。そういう感じでとりあえずは使えるようになった。でもこのバカに高額はスマホ、価格分に見合う見返りが有るようにはおもえない。iPhone8で十分な気もするし、iPhone7でも問題無い。以外にこのiPhoneXは人気が収束しそうな気配。高い割にやれる事が前と変わらん!

機能的には10W充電器なのですがiPhoneX側iOS111.1.側がQi充電の急速充電機能に対応できてない。やはり純正Qi充電器が発売されるまで待つしかないがとりあえずこれでOK。
sc_20171112132342.jpg

こんなんで十分です、というかそのうちに100均でも売るようになると思います。これより安いものが見つからなかった!
61Pvq5nmI7L._SY355_.jpg
71VcB5sVgpL._SL1500_.jpg

毎度おなじみのケース加工です、SIMスロット部分の穴あけとストラップ穴加工。私の場合手帳型ケースが大嫌いなので使った事がない。ポケットリングの黒がamazonでも中々見つからないが私はこのストラップが気に入ってます。

DSC_1440.JPGDSC_1441.JPG
DSC_1442.JPGDSC_1443.JPG
51iv8Km7leL._SX355_.jpg

■AppleWatch2+Z3C+iPhoneX
私の3種の神器です
DSC_0085.JPG
posted by taga at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月09日

[Apple/iPhone]iPhoneX256SGが11/12に届きます

会社を午後休みにして10/27の16:01にPCでドコモオンラインショップを開き予約開始したがドコモサーバが通信過多でページを開く事も出来ない。iPhoneやMAC,iPad、ノートPCを総動員して予約完了したのが16:25でした。かなり出遅れたので11/3には間に合わず予約順位が2000番、発売初日でiPhoneX256SGが200台入ったらしい。生産台数少ないぞ、2000番の私はいつまで待つの?。で結局は11/08に入荷し11/12に配達となりました。256GBのスペースグレーが一番人気で入荷が一番少ない。iPhone8以降はApple初のオーガニックなLED画面です。何となく健康いい感じにな気がします。有機ELという表現よりオーガニック液晶という方がいいよね!、AppleWatchは前から有機ELだけどあんまりその感じが無い。有機ELといえば焼きつくし電気食うし、昔はsonyがやってたけど技術ごとサムソンに投げ売りしたもんだが・・・。有機ELというのはあの3層の幕を蒸着で作るんだけど蒸着技術は日本では昔からダントツにレベルが高い。有機EL3色の素材も日本の独断上だ、だけどパネルは作らない…何でかって・・・あれはね、有機EL3色蒸着工程を稼働率95%以上に維持しないとペイしない。歩留りも60%位だし、こんなもん損するにきまってるので朝鮮人に作らせろ・・・というので日本企業はリスクはとらず設備と原材料を朝鮮人に売ってもうけてる。作り方は日本人が教えてるよ・・・そのうちに中国人が同じことをやるだろね。日本企業は賢いねえ、やっぱ。
オーガニックなLEDですが最近は焼き付きも少なく電気も食わないんだろか?



posted by taga at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

[Apple/iPhone]7Plusの指紋認証不具合でAppleCare+交換になりました

4日位前から7Plusの指紋認証が拒絶され画面ロックが解除されません、指紋データを全部消して再起動したら”このiPhoneは使えません”と言われてしまい初期化する顛末(そういう仕様なのかしら?)。
30分くらいずっと私は右親指の登録をするのですが”お前の親指は好かん”と嫌われ・・・偶然にも登録が完了すると一応は画面ロックが解除されるんですがどうもちょうしがおかしい。
で、結局Appleに電話して事情を話ました。iPhone 診断をやっても異常がないというし近くのAppleStoreに行けとか言われる。落とした覚えもないしドボンした覚えもない。絶対、どっかが自然に壊れたのだ。まあ、これ以上なんか言われたらブチ切れて大事にしてやる・・・とは思ったのですが最後のApple担当が良い対応だったのでExpress交換する事でケリが付いた。
翌日新しiPhone7Plusが来た・・・すっごい調子がいい・・・これだよねふつうは・・・・AppleCare+無償交換。
AppleCare+費用はちょっと高いけどdocomoの似たようなサービスよりも良い。docomoだと担当が如何にも”お前が壊したんだろ”とか言う雰囲気でめんどくさい事極まりないのだがAppleの担当はだいぶこれよりましだな。

驚いたんだけどdocomoで契約し買ったiPhoneだけど別途勝手にAppleCare+契約した場合でも交換すると交換後のIMEIが自動的にMyDocomoの端末情報に反映されるんだね(Appleがキャリアに連絡している様だ)。SIMロック解除をWEB上でやる時に端末が変わると面倒だしドコモ下取りにだす時もIMEI変わってるでのめんどうだなあと思ったけど杞憂でした。それと、交換前にSIMロック解除してるとSIMFree機が送られてくるだよ・・・ちゃんと確認して送ってる点きっちりシテル。



posted by taga at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月28日

[AppleWatch]Serias3が速くなったという馬鹿タレども

最近YoutubeなどでAppleWatch3とAppleWatch2やAppleWatch1の性能比較に起動時間を競う測定事例を動画で投稿する人をが多いが・・・ど素人が相変わらずバカをやっている・・・とあきれるばかりである。

OSというものは起動時CPUはシングルモードでしか動作していない、これはLinuxでもWindowsでもMacOSでも同じである。DualCoreとかQuadCoreがその性能を発揮するのはOSが起動した後である、AppleWatch1ではシングルCPUだったものがAppleWatch2でDualCoreに変わったがCPU速度は500MHZで変わっていない。AppleWatch3になって70%速度が向上しているのでWatch3ではOS起動は70%速くなる、ただそれだけである。
AppleWatch2からAppleWatch3になってCPUが70%速くなっても実はあまり性能が良くなった感じはしないはずである、レンダリング速度が速くなったとか搭載メモリが速いとか搭載Flashメモリが高性能とかの違いである。起動が70%速くなった事で、全てが速いとそう思い込んでいるだけである。AppleWatch2とAppleWatch3は実はそれほど変わりません・・・

時計アプリ如きがCPU速度70%アップ程度で速いとか遅いとか感じるなどあまりないと思う、大概はすでに起動したアプリが操作に応答する速度を性能向上と感じるが、RAMにキャッシュされたアプリの動作がCPU70%向上で違いを感じるなどの場面はじつは非常に少ない。操作の応答は本体iPhoneとのBT通信やWIFI通信が間に幾度も介在しており、そういう通信速度はCPU速度70%アップとは無関係。CPU処理速度より通信処理時間の方が時間を要する。しかもそういう通信は別の通信チップが行うのでWatchCPU性能にはあまり関係が無いのである。
AppleWatch3でLTE通信ができるので単騎で動作できるというが本体iPhoneが有るほうがはるかに処理は速い、AppleWatch3単騎でLTE通信で何かをやるというのは、実はまだ時代が早い。今はまだスマホの時代である、AppleWatchはスマホの補助ツールとして非常に便利である。

最近感じるがAppleの先進性が年々衰えている、イノベーションが感じられない・・・Appleじゃない そう思う・・・
posted by taga at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月15日

[AppleWatch2]ベルトの話

AppleWatch2を買って半年経ったかなあ、すでにAppleWatch3が出てるがyoutubeとかで何やら多くの人が宣伝しているが言うほど進化していない。せいぜいCPUが少し早くなった程度だ、CPUが速くなっても地図が速く表示される事はないよ、通信速度は本体iPhone通信速度で決まるのだ時計本体のLTE通信速度で何とかなるようなものではない。理屈を考えてみればすぐにわかる事だがちっぽけな時計のCPUで何ができるかよく考えたらわかる事である。AppleWatchは本体とコラボして運用する時に最大の効果が得られるガジェットなのである・・・というホントの話を言う人がほとんど居ないネ。

バンド(HyperLinkという製品)を買ったのだ、Appleミラネーゼというのも有るが時計らしくないのである。他にもApple製のベルトを持っているが正直Appleミラネーゼ以外買っただけで使った事が無い(買うんじゃなかった)。HyperLinkというのは時計らしくて製品の出来栄えも良い、Amazon で売ってたApple Watch バンド/Apple Watch 2バンド,Wearlizerというのも買ってみたが酷い品質なのですぐに返品した(一部はステンだったが内側が全部プラスティックだった)。
HyperLinkのバンドは出来がいい、サイズ調整で3コマ外すんですが道具が無い!、で、iPhoneのSIM外し用Pinがちょうどベルトのピン外しにピッタリだったので、バンドのピン穴にこのSIM外し用Pinを突っ込んみ立てて少し隙間を開けたバイスの上で、ハンマーでまっすぐに叩くのである、うまく真っすぐに叩ければすっと抜けますが普通はiPhoneのSIM外し用Pinが曲がってしまします、自慢じゃないが私はこういう作業が実はすごく上手です。ヨイ子はマネしない事である、このピンをまっすぐに振り下ろして抜くには技量が必要です。時計屋に行けば500円でやってくれますし、amazonでも1000円くらいで道具が買えます。
AppleWatchのステンレスって雑に嵌めてると傷つきますが、傷が浅いうちに金属磨きで傷を取りましょう、小まめに磨いてるといつまでも無傷でいられます。カバーとか付けるのかっこ悪いので・・・iPhone7PlusとAppleWatch2の組み合わせで十分です。新しいのが出てますが性能がほとんど変わってない・・・iPhone7が安いそうです、古いスマホから買い替えなら今かな!

IMG_4215.JPGIMG_4216.JPG
IMG_4217.JPGIMG_4218.JPG

posted by taga at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

[Docomo/F05J]昨日はSIMロック解除日でした

With契約で100日経過したのでSIMロックが解除できる様になりました、MydocomoでSIMロック解除申請するとロック解除コードがメールされます。docomo以外のキャリアSIM(契約切れててもOK)を差し込み起動するとロック解除画面が出てくるので、メールに書いてあるコードを入力すると解除されます。設定ー>端末情報->端末の状態->SIMロック状態 で確認できます。SIMロックを解除するとSIMロック状態っていう項目が出るようです。


IMG_4212.JPGIMG_4213.JPG
IMG_4214.JPG



SIMロック解除するとOEMロック解除ってのが出てきます:
設定ー>開発者向けオプション->OEMロック解除 
一応チェックを入れておきますが・・・これってfastbootでbootloaderのロック解除が出来る様になるって事だと思いますが

やっぱだめですね fastbootにどうやってはいるんだよ! SDDownloaderとRecoveryモードには入れる
入るのはとっても難しいようです

Recoveryモードに入る手順
・まず電源をOffします
・Volumeアップダウン両方押しながら電源をOn
・画面は真っ黒のまま緑LEDが点灯したら一旦全部のボタンを離す
・画面は真っ黒の状態ですぐにVolumeアップとPoWerの両方を押す
・真っ白いバックに赤いDocomo画面がでる
・下の黒PoweredByAndroidテキスト表示が消えたと同時に全部離す
・画面が真っ黒に変わり、そのまま数秒待つとRecoveryモードになる

SDDownloadモードに入る手順
・Recoveryモードの中で"System Update"を選び電源ボタンを押すとSDDownloadモードに入る

でもこの機種ってファームファイルもないしRecoveryモードでもadbもなにも動かんし どうにもならん。RootとかどうでもいいけどBaseBandだけは設定変更できるようにしてほしいわけだよQXDMやるのにDiagMode入りたいけどこの機種は入れない。中華スマホならどこの機種でもDiagModeに入る手順を公開してるのに、こういう事までシャットアウトしてどうするんだよ、
やっぱスコブル間抜けなんだよ富士通社員は、だから会社がふっつぶれる!ちなみにXperiaはDiagMode入れるぞ!日本のダメなスマホメーカ製はDiagMode入れない・・・入れるようにしろ SIM]ロック解除なんかできたってBasebandがdocomo仕様なら意味がない・・・バカ野郎共が!

IMG_4210.JPGIMG_4209.JPG



posted by taga at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月12日

[完全ワイヤレスイヤホン]売り物レベルになってない電池寿命の短さ

BoseのQC30を使ってるが電池が10時間持つので朝から帰宅まで仕事中ずっと音楽を聞いていられる。
最近ネットでよく見かける完全ワイヤレスイヤホンに目が留まったがS印など3時間しか持たないし新発売のBose製でさえ5時間しか持たない。5時間ならまあ通勤と昼休みの最低レベルはクリアだが・・・S印の3時間ってなにさ・・・客をバカにしてるよね。
まだまだ市場に出す時期じゃないだろ、電池性能の劇的向上のブレークスルーを目指すべきだろ。
posted by taga at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月10日

[EPSXE FOR ANDROID]PSPエミュレータ SO-01Cで動いた その2

SO-01Cにepsxe-for-android-2-0-7をinstしてみたよ、epsxeって売り物だったのね 知らんかった。
最新版のcrack版が落ちてた。BIOSファイルが要るみたいなので探してみたらネットに落ちてた。
BIOS起動したらプレステが動いた・・・でもゲームアプリ用バイナリファイルが無いのでゲームが出来ないね。
どっかで探してくるかなあ・・・ゲームはほとんど興味ないけど・・・うちの娘が3歳の時にスーパーマリオカートで負けて以来ゲームはやらない事にしてる・・・3才の娘に”お父さん虹色のコースがでてきたよ”とか言われてごらん、やる気なくすよ。
その娘ももう34歳、孫に同じこと言われそうなので絶対にゲームはやらんのです。

Crash Bandicootってのを試しに落としたら動いたぞ、SO-01Cだと外部コントローラが必要だね。
XpeliaPlayならこのままゲームが出来るだろうなあ・・・メモリ512MBだけどそこそこうごくじゃん!
それにroot権とか要らんねこのエミュレータ!

関連解説資料->android.zip


posted by taga at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

[EPSXE FOR ANDROID]PSPエミュレータについて

我がblogに舞い込んだ質問について書いております

Androidのエミュレータについての話です、端末はXperia-Play(SO-01D)で512MByteメモリ搭載の要するにSO01Cをゲーム機仕様にしたものです、エミュレータはほかにもニンテンドー用とかが存在していますがpspエミュレータがスペック的に過酷な仕様だと思います。

以下ページによると確かにSO-01D程度でも動きそうな気もします(minimumスペックは確かに超えている)
でもArmv7 With neonってきになります。Neonってコーデック対応のための浮動小数点演算機能じゃなかったか?
まあもともとはPlayStationを楽しむスマホなのでうごくかもしれませんねえ・・・

ゲームをまったくやらない私にはよくわかりませんが・・・一般論的理解ではSO01D程度のCPUで大丈夫かなあ。

SO01Dは持ってませんがSO01Cは4台持ってます、Android4でも起動後メモリを350MByte食いますので残りでゲームなんか出来るのかしら? Android2.3.4ならもう少し空いてるかな?Android7も載せられるけどめちゃくちゃ起動が遅いです。

まあこんあ感じの印象なのですがどうなんでしょうかねえ、動かんことは無いだろうけど素直にプレステのポータブルを買った方が賢い気がします。


// System Requirements //

Minimum system requirements:

Android 2.2 Froyo
ARMv7 or X86
800Mhz
256 MB of RAM
Multi touch screen support or hw keys or external gamepad
Recommended system configuration:

Android 2.3/4.X
ARMv7 with Neon or X86!!
+1200Mhz dual core
Fast GPU card with good OpenGL support
512 MB of RAM
Fast and big sdcard
Multi touch screen support or hw keys or external gamepad
posted by taga at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月09日

[Apple/iPhone]iPhoneXの有機EL

サムソン製が搭載されるiPhoneXだ、チョン企業の一人勝ちに思えるこの”くっだらねー”iPhoneXには心底、腹が立つ。
だが 少し見方を変えて私流に解説をしてみますので・・・よろしく。

実は有機EL製造設備は日本製がトップレベルで市場を席捲している、有機EL素材を蒸着できる装置はキャノン特機の独断上だ。サムソンはこのバカ高い製造装置を高いかねを払って買ってくれている日本の顧客にすぎない。しかもこの装置は稼働率95%を超えないとコストに見合う有機EL版を製造できない、リスクはすべてサクソンが支払う。よく考えればバカチョンのやる事だ!
安い韓国製メモリを作る日本の半導体製造装置の話とおんなじでチョンが自転車操業で働かないと利益が出ないのである。

さて、有機ELの素材であるが、下の絵にある通り素材はほぼ日本製である。製造装置は日本製、素材も日本製・・・なんじゃこりゃ である。チョンはただ作るだけ、儲けた金で借金を払ったらなにも残らない。やっぱりチョンはアホやなあ、喜ぶのはappleと日本だ。
有機El_1.jpg


で、なんで日本企業が有機ELを作らないかって?、そりゃ 賢いからだよ。まだまだ有機ELに時代じゃない。あれはね焼き付くんです。アプリで胡麻化して焼き付かない様に見せているが・・・作りやすく焼き付かずコストが安い有機ELの本当の活躍時期には日本が一人勝ちします。

というわけで今の時期に中途半端でバカに高いiPhponeXは買うべきじゃない。iPhone8なんかはCPUが少し速くなって無線充電できるという程度のものだ、こんなものに現を抜かさず 賢い人はiPhone7で良いのである。もっと賢い人は安い中国製の全部入りスマホだろうか(フェエリカついてないけど)。

AppeWatchだけど私は2を利用している、3ってLTEが使えて単独利用できるという事だがスマホ時代にスマホが要りませんってそもそも論理が破綻してるじゃろ・・・CPUは若干早くなってるが2でも全く困らない、地図だって普通に速く表示しますしね・・・CPUが50%速いといってもGPUは前と変わらんよ、Watchアプリはいくつも立ち上がったままなので50%増しの威力ってあまり感じないのである。そもそもAppeWatchってキャッシュレス用のiPhone補助デバイスだ、そこそこアプリが動いていれば宜しいのである。

総じて思う事は Apple/iPhpneはもうすぐ終わるんだろうなあと・・・イノベーションを提供できないAppleなんて存在意義が無い。ジョブズのプライベートカンパニーだったという事だ、価格がこれだけ高くなって居ながらiPhone7とほとんど変わり映えしない機能しか提供できていないのがすべてである。

他のスマホメーカもノー無しレベルではほとんど同じだが・・・
posted by taga at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月02日

[Apple/iPhone]新しいiPhone8プラスiPhoneXとiPhone7プラスの違い

H/Wの違いについて以下に列挙してみたが若干CPUが速くなった程度で7Plusから8Plusはほぼ変わってない。Xについてはさらに有機EL化し画面領域が広くなった位である。

メインカメラレンズ:7Plusにl比べると開放F値が2.8から2.4と若干明るいレンズになっている(CMOSカメラセンサーは7Plusと8Plusでは同じもの)
Bluetooth:スペックが4.2から5.0になっている(通信速度と通信距離性能が向上している)
CPU:A10がA11になっている
液晶:Xでは有機ELだが7plusと8plusでは特に変わってない
充電機:無線充電が出来るが無線充電器は付属しない

結論:7plusの人が8PlusやXに機種変更する理由が見当たらない、ほぼ同じものである。AppleWatch2と3についてもeSIMが使えるようになった点以外はあまり変わりがない。AppleWatch1から3に移行する位ならAppleWatch2に移行した方が良いかもしれない、価格も安いだろう。WIFIは全く同じスペック、裏がガラスに有っているので万が一割れた場合修理代がバカ高くなる、AppleCare+加入は必須だろう。

ま、古い機種を使ってるならiPhone7プラスが安くなってる今が移行時期だ。

PS:有機ELや顔認証など朝鮮半島部品が多すぎる、敵国製品は買う気が起こらない、こんな調子が続くならiPhoneはもう買わない。冗談じゃないよ、嘘しかつかんちょん半島製品などだれが買うか!既にAppleにはクレームしましたがほんとに頭にくる今日この頃!

posted by taga at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記