2018年04月28日

[RaspberryPi3-ModeB+]PI3をモバイルWIFIルータにしてみた

RaspberryPi3ケース:Official for Pi3 (RED) (Amazon) 1650円
RaspberryPi3 ModelB:大体の価格は5000円程度
その他:5V2.4A程度の電源 セリアなどで300円で売ってるもの(5V1Aで十分です)、マイクロUSBケーブル100円

近くのダイソーで買ったもの ¥300 商品AC-USB電源5V 2.4A 白いのも有るよ!
p1m.jpg


RASPBIAN STRETCH LITE Release date:2018-04-18
解凍してddでsdカードに書く SDサイズは4GByte程度で十分だよ

出来たmicroSDをPCに差してbootパーティションに入ってる/boot/copnfig.txtを編集しとく
以下を先頭#を取るとHDMI画面サイズがVGAになる
hdmi_group=1
hdmi_mode=1
※ついでに以下も確認
# Enable audio (loads snd_bcm2835)
dtparam=audio=on
gpu_mem=16

先ずはWIFIアンテナを付ける
WIFIアンテナコネクタは半田コテでケースに穴を開ける、熱で溶かし穴を開けカッターで丸くきれいに仕上げる。

有線LANを繋いでHDMIでdisplayを繋ぎ電源を入れる。lite版はGUI画面が無いけどHDMIがコンソール画面になる、マウスは不要だけどUSBキーボードが居る。デフォルトで英語キー設定なので日本語キーを使ってるとコロンとかセミコロンの位置が違う。Login:pi passwd:raspberry でログイン出来る

※SSH有効化
$ sudo raspi-config
5 Interfacing options ->SSHを選び有効にする
※キーボード設定は106定義が無いので105キーを選択すると日本語対応キーが使えるよ
※そのほかはどうでもいい、好きにしてください
※再起動したらHDMIはもう用済み、同じサブネット下PCからSSHでloginできる
ubuntu なら 以下で行けるしWinPCならteratermで行ける
$ ssh pi@192.168.xxx.xxx

今回作業に使ったファイル一式:files.rar

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get -y install dnsmasq hostapd unionfs-fuse chkconfig
$ sudo chkconfig dphys-swapfile off

unionfs:ここのサイトは記述内容にスペルミスなど有るので注意が必要
※書いてる内容には大きな問題がない(必要なファイルはfiles.rarに入ってる)

※dhcpcdはサービス起動を停止したまま使わない
$ echo "denyinterfaces wlan0" >> /etc/dhcpcd.conf
$ sudo systemctl disable dhcpcd.service

※sysctl.confの#コメント外し
#net.ipv4.ip_forward=1
net.ipv4.ip_forward=1

※ルーティングテーブル生成
$ sudo iptables -t nat -A POSTROUTING -o eth0 -j MASQUERADE
$ sudo iptables -A FORWARD -i eth0 -o wlan0 -m state --state RELATED,ESTABLISHED -j ACCEPT
$ sudo iptables -A FORWARD -i wlan0 -o eth0 -j ACCEPT
$ sudo iptables-save > /etc/iptables.ipv4.nat

※rc.localにルーティングテーブ読み込みを追加
※/etc/rc.localに以下を追加(My IP address云々処理の後exit0の前にでもいれろ)
iptables-restore < /etc/iptables.ipv4.nat

$ sudo cp /usr/share/doc/unionfs-fuse/examples/S01a-unionfs-live-cd.sh /etc/init.d/a-unionfs-live-cd
$ sudo cp /usr/share/doc/unionfs-fuse/examples/rc.local.omit-pid.sh /usr/local/sbin/a-unionfs-fuse-omit-pid.sh
$ sudo update-rc.d a-unionfs-fuse-live-cd defaults
$ sudo chmod a+x /usr/local/bin/noprotect   
$ sudo chmod a+x /usr/local/bin/protect

※/etc/fatabを参考に自分のfstabと比べて足りないものを追記してね
※その他はこれfiles.rarの中のものをそのまま使うといい(WinPCならteratermのviでPCからコピペ貼り付け)

最後にROM化設定して再起動
$ sudo protect
$ sudo reboot
起動中に電源を引っこ抜いてもいいけど、正規な電源断コマンドは以下ですよ
$ sudo shutdown -h now

多分 どこに出かけても有線LANインターネットが有るところならば個人用Hotspotとして使える
常時300mA程度流れてるので2000円位の10000mAhモバイルバッテリなら丸一日つけっぱなしでもOK

でもね モバイルWIFIルータならRaspberryPi3よりも安いのが一杯有る、わざわざPI3を使う事は無いのである。
RaspberryPi3をモバイルwifiルータ用に買う人は大バカですよ、RaspberryPi3はモバイルwifiルータにも出来るねえという話
(1万円のおもちゃである:PI3にも少々飽きた)

GPIOで玄関ドアの開け閉めソレノイドをOn/OffさせWIFIとかBluetoothで外からドアを開け閉め出来る様にもしてみたいが開け閉めソレノイド自体が売ってない・・・三和とかで安いもの買えないかなあ

IMG_9677.JPGIMG_9678.JPG
IMG_9679.JPGIMG_9681.JPG


IMG_9680.JPG

モバイルWIFIルータになったPI3 2200mAhのバッテリ駆動OK

IMG_9685.JPG

posted by taga at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183101019

この記事へのトラックバック