2018年04月22日

[Walkera/Rode110]Caddx Micro SDR1 1200TVL FPV その後

Eachine ROTG01 という受信機でビデオを受信するんですが、結局ビデオ画質はこのROTG01で決まるという事に今頃気が付いた次第。Walkera/Rode110の5.8Ghz送信機で送信されたアナログビデオはROTG01で受信されデジタル化されるわけですよ、で、この受信機が高画質1200TVL画像をVGA画質落としてくれるのでカメラをよくしても画質が悪いまま・・・Rodeo110純正カメラ画質はvga以下なので交換は必須だど1200TVLのカメラは無駄だという事が分かった。

Caddx Turbo Micro SDR1 1200TVLを試しにアナログNTSCキャプチャボードでPC画面に映してみたら、やっぱり凄くきれいな画質だった。これがTX5838でアナログ送信されEachine ROTG01でUSB経由でデジタル画像になるとVGAの画質に落ちてしまう。

もっといい受信機かもしれないEachine ROTG02というのが出てるけど画質仕様が非公開なのでよくわからない。撮影したmp4ファイルのプロパティで確認できればいいがvgaサイズだったら悲劇だな。ヘリモンスタで売ってる600TVL程度でいいかもしれない などと思う今日このごろ





eBayで購入したCaddx製1200TVLの高画質sony製CMOSセンサー搭載のカメラをRodeo110に搭載しました。旧正月災難で2月13日注文のebay品が香港から着いたのが昨日。現物合わせでカスタマイズしました、プラスティックは半田コテで簡単に溶けるので適当に穴あけ後はカッターややすりで合わせます。 加工途中を動画にアップしました(以下)

Caddx Micro Turbo SDR1 1200TVL FPVというのはOSD機能がついてます、OSD用ジョイスティックを繋げると細かい設定を画面上で実施できます。一度設定すると不要なのでケーブルが適当に隠して収納してます。このカメラ収納改造ではスペースに余裕がないのでカメラ基板廻りはカプトン テープで絶縁し本体基板と接触しないようにします、こうしないとPowerBoardの部品と接触してカメラ/Rodeo110がこわれてしまう可能性があります、気を付けましょう。

Caddxカメラのコネクタはニッパで壊して外し、ケーブルを直接ハンダで接続します。ケーブルをハンダ付けした後の部分は2液エポキシで固めてしまえば外れるような事は有りません。カメラガードが画角内に入ってしまうのではカメラ周辺をカッターで広げてしましましょう。カメラガードについてるカメラ固定用ツノも現物に合わせて短く加工します。

IMG_4944.JPGIMG_4957.JPG

この時点で返品とかできなくなりますが・・・このカメラのレンズはM8のネジになっていて焦点距離2.1mmのレンズが付いてます。eBayで探してみましたがM8で2.5mmとか2.8mmのレンズが見当たりません。無いんでしょうね。2.1mmだと広角過ぎる感じがします。

以下 写真の通り バッチリ改造出来ました!
IMG_4960.JPGIMG_4961.JPG
IMG_4962.JPGIMG_4963.JPG
IMG_4964.JPGIMG_4965.JPG
IMG_4966.JPGIMG_4967.JPG
IMG_4968.JPGIMG_4969.JPG
IMG_4970.JPGIMG_4971.JPG
IMG_4972.JPGIMG_4973.JPG
IMG_4974.JPGIMG_4967.JPG
posted by taga at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183051765

この記事へのトラックバック