2018年02月17日

[Walkera]2018年版 Devo10の送信パワー100mW化 0.8AHack

2012/Aug/25 頃書いた記事の追記を思い付きました、6年前の事なんかほぼ忘れてる・・・私の買ったDEVO10は10mW仕様だったけど100mW仕様に書き換えて使えてる・・・という6年前にやってた事を書き留めています。


過去記事:


In the Devo 10, the same 4 bytes 44 45 56 4F occurs at offset 1111.
Again, just before this there is a similar series of bytes except this time it contains 00 C9 at offset 110B.
Replacing the 10 bytes in block 1105-110E with 00 C9, saving the hacked firmware and recalculating the CRC enables the 20db option in the Devo-10.

要するに:DEVO-10Fw-v0.8A.dfuのOffset位置の1105から110Eを00C9に書き換えろという事
HxDというeditorでバイナリファイルを書き換え可能、DevoTXlibmod.exeでバイナリファイルをloadしセーブすると保存ファイルのCRCが勝手に書き換わる。CRC値はファイルの最後の4バイトである。crc32.exeで確認するとCRCがffffffffとなっている、つまり最後の4バイトを書き換えてトータルでCRC32値がFFFFFFFFとなるようにファイルを書き換えている様だ。


dfuseでこれ焼くといいよ100mWになる


posted by taga at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182438392

この記事へのトラックバック