2018年01月20日

[Docomo/Xperia/Z3C/A4/A/SO04E]TWRPを日本語化しました

TWRPには2種類あります、最近の奴はFORA-KERNEL領域に書き込んで使う方式でBootLoader-UnLockedなOS環境が必須です(twrp-xxxx.imgというファイルを書き込む方式)、もう一つはカーネル起動中にVOL-Down連打を認識するとリカバー起動に切り替わる旧方式(XZDualRecoveryという言い方もあります)。DocomoファームをBootloaderLockedのままでrootedした環境の場合は古い方式でTWRP起動します。私はお財布とワンセグが使える環境で使う方針なのでBLもLockedのままドコモファームをrooted利用しますので古い方式のTWRP利用派です。日本語化についてはmkbootfsコマンドでcpioファイルを生成できるubuntu環境があれば簡単にtwrpを改造可能です。日本語化したところで別に機能が増えるわけじゃないんですが気分てきには楽しいですね

Update TWRP:(XZDualRecovery)
install Updated TWRP-zip as bellow ,select your favorit one.add ja language.
Install from PC DOS Windows.

IMG_4729.JPGIMG_4730.JPG
IMG_4731.JPGIMG_4732.JPG

Update情報:2018.1.23追記以下(使わない方が良い)
以下XDAにupdate TWRP to 3.1.1-0というのが有ったので日本語リソースを追加したものを作ったヨ

多分これがZ3C/SO04Gの最新TWRPだと思う(どんな風に新しくなったのか、わからないけど・・・)
私、install/Backup/Restoreしか使か使わないので・・・
注意:少なくともBaseBandのBackupやRestore機能が使えなくなってるので使わない方がいい、私は直ぐに3.0.2に戻したよ

Z3C_TWRP_3.1.1-0_for_XZDR_JA.zip(TWRPからインストールするタイプのzip)


■SO04E用TWRP(XZDualRecovery)
日本語を追加しました.
この3.0.2は元は2chの154氏が公開したZR5.1.1用です、ここに公開した版はワンセグとかお財布が使えるドコモ最終版ファーム(SO-04E_10.3.1.B.2.48:Android4.2.2)でも使える様に、中身を改造してます(ZR用TWRPではBaseBandのbackupには対応してませんね)。
Android起動しUSBdebug接続、以下解凍しDOS窓からinstall.batを実行

XDAで見つけたZR用TWRP3.0.3のrecovery.twrp.cpioをDualRecovery向けに改造したものが以下。少し面倒なinstall方法になってるようですがinstallは出来ました。DOS窓Install時に出てくるEnterKey待ちが少し時間が掛るみたい、このTWRPだとVol-Down時のLEDの点灯が少し変わった様子。一度ramdisk.cpioで起動しVolDownのキー連打でLEDの点灯をカスタマイズしてくれてる・・・どっかのバカが弄った版の様です。3.0.2版の方が真っ当な気がするなあ!

IMG_4733.JPGIMG_4734.JPG
IMG_4735.JPGIMG_4737.JPG


posted by taga at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182193681

この記事へのトラックバック