2017年11月25日

[Apple/iPhone6Plus]液晶画面に縦筋が出てるのに今気が付いた


去年の10月にAppleCare+の2年契約期間が過ぎている端末だ、ちょうどその頃に在宅Express交換で新品に代わった端末だ、それから1年過ぎてしまった。で、今までタッチIDもセットしないしロックコードも設定しないで使ってるので気が付かなかったけれど、久しぶりにiOS11.1.2にアップデートしていて気が付いた。なんだろ筋が見える画面右片側だけ、ハード的なトラブルである。早速amazonで液晶交換パネルを注文した、ついでに電池も変えたろというわけである。でもその前に、これってうっすらと見えにくい筋が有った事を見逃した私にどれだけ責任があるんだろうか?不可抗力じゃね? というわけでAppleに電話をしてみた。当然だが交換後3か月以内ならクレームに応じるが1年経過してるので出来ませんと返答された、不承知なのでさらに上位レベルの部署に電話担当が替わった。私の主張は”うっすらとした筋が見えなかったのは私の責任ではないので3か月期間を超えて連絡したのは当然である”という事である、もちろん普段の私の言動とは大いに異なる徹底した低姿勢で主張をしている。こういう場合、高飛車に出ると相手にしてもらえないのである(これ人情)。一応、私の主張は理解してもらえたのではあるが、事例が無いので自分の決済権限では対応出来ないので社内で検討会議を開くとの事。これでOKが出れば期限切れでも交換出来るかもしれない・・・まあとうぜんだろうなあ・・・昼過ぎに電話してその日の夜に回答が来た。特例ではあるが今回だけは事情を鑑み交換に応じる という返事だ。正直、てっきりダメだろうと思っていたのだ。amazonの注文は取り消した、端末をapple側で引き取るに手続きをしてもらった。新しいのがそのうちに送られてくる。iPhone6PlusSIMフリー版である、iPhoneXがメインだけどまだまだ使える端末だ。少しうれしいので記事にしています。こんなAppleとの交渉、誰でも簡単にできると思わないでくださいね、非常にラッキーだった事件です。

その後:11/25旧iPhone引き取り(クロネコ便)予定が11/26にズレた、11/27に東京羽田のAppleADSCセンターに着。今は”お客様の交換機はまもなく発送されます”のStatus。明日には新しいのが着くでしょう!、AMAZONに返品した交換パネルとバッテリだが返品理由を”間違えて注文”ってやると返送料が返金から差っ引かれるんだな。いい勉強になったので次回から不良品だったとかにするかな(へへ)!
ああ、それとね、Apple製品だとExpress在宅交換という手が有る。これは故障機と引き換えに交換品を受け取る事ができるんだけど故障機がAppleに返送された時に故障部位以外で欠損が有った場合、新品代金を請求されます。事前にクレジット与信を承諾する事になるので交換前端末が絶対の自信が無いとやれません。例えば、指紋認証がうまくいかないので交換になるという場合に液晶パネルに傷が有ったとか端末に見逃せない大きな傷や損傷があるなど・・・Express在宅交換って容赦なく代金引き落としになります。私もExpress在宅交換は何度もやってますが結構入念に確認してからやってます。これが嫌なら今回みたいに一旦引き取りだけ実施しApple側で交換判断を待つという方法を取るべきです。余程の事が無い限り大体は交換になりますよ!、Appleリペアセンタでその場で修理はやらない、というかもしも修理して返送してもほかの不具合が出て再度修理なんてリスクをAppleが負うわけはない。Apple渋谷とかでジーニアスバーの店員が自己判断で修理判断する事はあります、なのでApple実店舗には、私は行かずAppleリペアセンタに送り返します・・・私はですが!


IMG_4354.JPG
posted by taga at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181674077

この記事へのトラックバック