2017年09月03日

[HP/Probook]HP6560B 2017夏版の改造記

HP6560Bは改造しやすく修理しやすく何よりも安いのである、オークションで数千円で手に入る。
程度のいい部品を入手しては交換して結構いい程度に仕上げるのである。既に3台仕上げている、今回はCPUをCorei7に入れ替えメモリを16GBに増量した。
amazonで売ってた8GBメモリは1枚で7460円、これを2枚入れて16GBだ。うちで一番豪華なマシンになった。
Transcend ノートPC用メモリ PC3L-12800 DDR3L 1600 8GB 1.35V (低電圧) - 1.5V 両対応 204pin SO-DIMM (無期限保証) TS1GSK64W6H

アマゾン販売の802.11ac対応のHP純正WIFIカードも試してみたが 認識しなかったので即日返品した、BIOSが拒絶するのでどうにもならない。HPノートのBIOSはRSA署名付きなので改造できないんだ・・・
HP純正 724935-001 + 汎用 BCM94352HMB BCM4352 802.11a/b/g/n/ac 867Mbps 2T2R WLAN + Bluetooth 4.0 無線LANカード

この際、キーボードも新品に交換しようと思いアマゾンに発注したけれど、アマゾンで売ってるものはトラックポイントが無いタイプしかない。トラックポイント付きは有っても1万円以上の寝ぼけた価格だ、キーボードなんて3000円以下じゃないと買わんのです。気が付いたときには商品が届いてたのでアマゾンにそのまま開けずに返品した。

OSはWin10、Win7、Ubuntuの3個を無料のEaseUSTodoBackupでバックアップしてる、SSDはトランセンドとADATAがある。トランセンドが少し早いが6000円ほど高い、Win10Pro64bitをトランセンドにいれて使ってる。Win7Pro64bitはADATAのSSDに入れてる。Ubuntu はHDD160GBにいれてるがyoctoのプロジェクトをbitbakeするときに使うくらい、raspberryPAI用にあるという感じだ。Yocto2.1になってからchromeがサポートされなくなったし、最近ではRaspbianを入れてるのでbitbakeしてカスタム化したファームの出番がないね。

HP6560BのBluetoothって純正パーツだとBT2.1規格で古いんだよ、なので安い新しいUSBのBTドングルを買ってきて直付けで配線し使ってる。問題なく使えてるけど基盤ハンダ作業の腕に覚えがないとできないと思うよ。BTのminiPCIWIFIカードのUSB配線を利用する手もあるが、BT付のminiPCIWIFIカードでHP6560BのBIOSのWhitelist登録されてるカードが無い(と思う)
有ったらやってるよ、片っ端からアマゾンから買ってダメだったら返品するというきったない方法もあるけどそれはやらない、HP純正 724935-001はダメだったよ。インテル7260はどうだろうか?
IMG_4024.JPGIMG_4026.JPG
IMG_4027.JPGIMG_4028.JPG
IMG_4029.JPGIMG_4030.JPG
IMG_4031.JPG
posted by taga at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180868505

この記事へのトラックバック