2017年06月24日

[Docomo/Xperia/A4/Z3c]PC使わずドコモのテザリング規制を解除

adbで”settings put global tether_dun_required 0”を実行するとドコモのテザリングを解除できる、これはパソコンなどでadb経由で端末内のsettingsコマンドを実行する事で可能になる事です。settingsコマンドはjavaアプリを起動するフロントエンドとして作られておりAndroidが起動してないと動きません。javaが動いてないTWRPやCWMのリカバアプリから動きません。

そこでGooglePlayアプリ”$cripter”をつかってシェルスクリプトを実行する仕組みを実装してみました。
まず、以下をTWRPやCWMでInstallしておきます。
so04g_tether_on.zip(Z3CとSO04Gで使えます)
※これは内蔵ドライブのトップ位置に5つのスクリプトファイルを置くTWRP用インストールzipです。

Android起動後、”$cripter”をGooglePlayからインストールします(無料アプリ:root権アプリです)。
$cripterを起動すると5個のスクリプトがListされます。
これをeditモード(該当行長押し)でrootチェックとoutputチェックをOnします
GooglePlayアプリ”Settings Database Editor”で tether_dun_required をOn/Offする事も可能です、
このためにby4a.setedit22というSettings データ書き換えアプリに書き換え許可を与える必要があります。
by4a_grant、by4a_revokeはそのためのスクリプトです。
/systemのrw、roマウントスクリプトは別の目的で用意したものです
tether_dun_onをタップすると該当スクリプトが実行される仕組みです。
$cripterはroot権アプリなので初回だけSuperSuの許可画面で許可しておく必要があります

これでいちいちPC接続でadbを叩かなくてもドコモtether規制を解除できるようになります。

IMG_3790.JPGIMG_3791.JPG
IMG_3792.JPGIMG_3793.JPG
posted by taga at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180143145

この記事へのトラックバック