2017年06月11日

[Xperia/Arc/ICS]5ドルでXperia ARC の BootLoader Unlock

SO01CのBLアンロックってまだできるんだね、家に4台あるうち1台は前からBLUnlock機だったけど残り3台はまだロックがかかったままだ。
このサイトはまだ出来る:

昔、S1toolというのがあったけどサーバサイトが閉じたあとは使えなくなっていた、このサイトにアカウントを作り1台当たり5ドルを払ってIMEIとシリアル番号(裏ブタ電池を外すと書いてある)などを記入し登録する。そしたら、解除コードがデータベースに無かったのでお金返すという意味のメールがくる(以下)。最初は2台登録し解除コードが送られてくるのを待ったけど、だめでしたメールに書いてあったURLに書いてあったUSBツールというの(X Unlock Tool)をinstし使ってみたら解除できてしまった。やり方はS1Toolと同じで電池をに抜きTPポイントをショートさせながらPCとUSB接続すると勝手にToolが解除してくれるものだった(昔、前に一度やったので特に問題はなかった)。
多分5ドルは帰ってこないだろう・・・解除できたのはサーバに履歴が残ってるし。新しい機種は対応してないらしい。
DRMが残ったままBLアンロックできる方法はほかにないしね。
ちなみにFastGSMにお金を支払い済みのIMEI端末じゃないとX Unlock Toolは途中で金払え的メッセージが出ます。

さて、これでSO01CにMaashmallowをinstする実験もできるし4台あるとかなりいじくれるなあ。BLアンロックするとSIMロック解除も出来てた、QPSTツールでUMTSバンドをフルバンド対応してたけどLTEが未対応の端末だし...

The IMEI 0126xxxxxxxxxxx previously registered within our system is invalid. There is no unlock code for it in the database. We are sorry, however we have refunded the credit to your account.

Hi ,

You did order unlock codes for IMEIs 0126xxxxxxxxxxx and 0126xxxxxxxxxxx . but you did pay for Sony Ericsson Unlock by USB. You cannot unlock your phones by IMEI. we returned money to your fastgsm account,

only way you can unlock your phone by our services is our instant USB solution

here you have all details: (USB client, Drivers)

https://www.fastgsm.com/en/page/howto-unlock-xperia-play-arc-ray-mini-pro-neo-v

Sincerely,
Honza

ファイル_000.jpeg
posted by taga at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月10日

[Xperia/Arc/ICS]Xperia ARC Android 4.0.4 SO01C(LT18i_4.1.B.0.587)

Google開発者サービスを入れなくても使える手順(以下)。
youtubeやmapsは最新にアップデートしない事、GooglePlayはGoogle開発者サービス無視パッチ対応してます。

以下でflashtoolでuserdataだけをwipeするとRAMが380Mbyteから420Mbyteに増える
※userdataが初期化されますので事前にCWMでBackupを取っておきましょう

CWMでアプリを入れる
※中華っぽいフォントを消す
※日本語フォントを入れる

※GPS関連ファイル更新
※日本語IME
※GooglePlay5.8.8、blackberry.googleid2.8、com.google.android.gsf.login-4.4.4.apk
※開発者サービスを無視するパッチ付き
※googleIDを入れた後にBlackberryGoogleIDをレジストする
※ごみアプリを消す
※DisableServiceアプリを入れる
※Facebookの不要プラグイン削除
※Facebook本体アプリを入れる
※日本バンド対応
※Twitterアプリを入れる
※壁紙削除
※WIFIバグ対策パッチ
※SuperSUの現状最新
※壁紙戻し

そこそこ 使えます

Screenshot_2017-06-10-20-50-13.pngScreenshot_2017-06-10-20-51-59.png
Screenshot_2017-06-10-20-52-27.pngScreenshot_2017-06-10-20-53-35.png
Screenshot_2017-06-10-20-54-00.pngScreenshot_2017-06-10-20-54-04.png
Screenshot_2017-06-10-20-54-08.pngScreenshot_2017-06-10-20-54-12.png
Screenshot_2017-06-10-20-54-15.png
posted by taga at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月02日

[Docomo/Xperia A4/Marshmallow版]SO-02Gへの端末IDの偽装

/system/build.propと/system/etc/certificates/certificates.htmlをSO04GからSO02Gに端末偽装する道具を作りました。
ちなみにこれはMarshmallow版です

注意:Lollipopとか古いOSで実施するとファイル構成が違うのでおかしい表示になると思います

※以下をSDカードにコピー後TWRPを再起動しInstallから以下を導入する

※もとのSO04Gオリジナルに戻す場合はこれを使います


【SO02Gの場合】
Screenshot_20170602-194418.pngScreenshot_20170602-194500.png
Screenshot_20170602-194450.pngScreenshot_20170602-194435.png

【SO04Gの場合】
Screenshot_20170602-194700.pngScreenshot_20170602-194706.png
Screenshot_20170602-194722.pngScreenshot_20170602-194728.png
posted by taga at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月29日

[Docomo/Android]SIMロック解除の180日制限あれこれ

iPhoneがSIMのアクティベーションを確認する手段としてAppleサーバに問い合わせを実施する事は広く知られている事である、AppleサーバにはロックすべきIMEIが登録されていて、必ず問い合わせを実施する。SIMフリーのIMEIはAppleサーバに登録されていないのでロックは掛からない。

一方でAndroid機は端末に解除コードを入力する事で解除される仕組みなのでショップでの解除しか方法が無い。海外解除コード販売会社から買ったほうがキャリアショップよりも少し安いのはよく知られている。

さて、2015年5月以降に購入された端末が無料で解除に応じるという制度はどうなのか?
MyDocomoでWebから解除申請をすると自動的に解除されるという風に読めるんだけど、そんな仕組みAndroidに有ったか?
端末に解除コードを入力する手順を客にやらせるのかなあ?
それとも新しい端末はiPhoneみたいなアクティベーション方法になったのか・・・新しい端末を買ってないのでわからん。
たしかSO-04Gは2015年5月以降にも販売されていた機種なのでMydocomoで無料解除対象のはずだけど私の買った白ROM機は海外解除コード販売会社のコードで解除できたし・・・
要するになにを言いたいかというと、2015年5月以降に購入した端末でも180日待たなくても海外解除コード販売会社のコードで解除できるんじゃないの?という事だ。

posted by taga at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月26日

[Docomo/Xperia A4]SO-04GのDeodex化 続編(Squashfsもdeodex化)

System/Framework、System/app、System/priv-appをDeodex化の話の続きです
System/odex.Framework,System/odex.app、System/odex.priv-appや
System/odex.Framework.sqsh,System/odex.app.sqsh、System/odex.priv-app.sqshにはdeodex化で不要になった.odexが一杯残ってるので不要なものを全部消してみました。
起動時にSystem/odex.xxxx.sqshがマウントされSystem/xxxxに中身がコピーされるようです。

sqshfsを改造するにはLinuxが必要です、Windows版で作ると起動できなかったし・・・

触ってるうちにPlusOne.odex、Maps.odex、photos.odexというバカでっかいのが見つかりました。
これはGoogleMap/GooglePlus/Googleフォトのodexなのですが、こんなものはsystemROMエリアに不要でしょ、3個とも消し、必要ならば後からGooglePlayで再度インストールすればuserdata領域にinstされます。
という事で私製ではGoogleMap/GooglePlus/Googleフォトはアプリもodexも全部削除しました。

SO-04GのDeodex化:2017年05月26日改定版
※以下をSDカードにコピー後TWRPを再起動しInstallから以下を導入する

posted by taga at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月21日

[Docomo/Xperia A4]SO-04Gの標準ブラウザを削除しChromeを標準にする

XperiaA4には標準ブラウザがROMに書かれているんですが、動きがあまりいい感じではない。Chromeだとサクサク開くURLが標準ブラウザだとなかなか開かない、おかしいなあ・・・と思っていたらGoogleは既に標準ブラウザのサポートを止めてしまっている。一般的には”Android OS 4.4以降の端末”から搭載されなくなった様だがXperiaには未だに搭載されているようだ。
だれもメンテしなくなった標準ブラウザはごみでしかないので消そうというわけだ。
これをTWRPからInstallすると標準ブラウザが消える=> so04g_default_browser_delete.zip
 消えた後ふつうに起動して設定->アプリを開き設定のギアマーク(画面右上)の”標準のアプリ”を開きブラウザアプリ選択をChromeに設定すると終わり。快適にブラウザが機能するようになった


posted by taga at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月19日

[Wannacry対策]自宅パソコン点検

Desktop2台、ノートPCが4台 気になるのでWindows系OSを点検しました。家の女性群(家内と姉)のノートは酷い!
LCDが汚れても気にならないのかなあ女というものは?、OSを最新に更新しMcafeeも崔最新版に入れ替えた。
Windows10にも対応してる版(こっそりここに置いておきます)==>VSE880LMLRP9.zip (Link違い訂正しました)
Wannacryには感染していないのだが小汚いノートPCの清掃をやらされた感じ・・・
私が使ってる4台はいつもピッカピカですが・・
posted by taga at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月18日

[Android/Adware]Kingrootの痕跡を消す

このXDAの書いたURLを読むとよくわかります->kingrootは何者か

要するにAdwareの塊みたいなものであり自身を絶対に消せなくするという”とんでもない”ものです。
とは言えXperiaをRoot化するのには都合がいいのでこれを使うわけですが・・・

KingrootはRoot化する為だけに使います、もっと書くとリカバーbootとしてTWRPを入れる為に使います。
なのでFTFとかでファームを焼いた直後のkingroot実行前の起動ではアカウント設定とか個人情報など一切入れずにただ起動するだけです。こんな状態でkingroot実行しTWRPを導入できたらこっちのものですね。
事前にPRFCreatorでprerootedなファームzipを作っておきこれをSDカードに入れておいて、これをTWRPのinstall機能でファームを焼きかえるのです。prerootedなファームを焼く場合、TWRPはsystem領域とカーネル/bootエリアを再ファーマットします。
なのでkingrootはこの時点で消滅してしまいます。prerootなファームに焼き変わった端末はクリーンなroot端末として起動できるようになるわけです。
一応 お約束ですが kingrootを実行する前にSIMカードを入れない事、WIFIをつながない事、APNを設定しない事。
kingrootでroot化するときにIMEIとかを中国に送信しようとするらしいので。

Kingrootの公式Downloadサイト ->5.1.2が出てる!!

Kingrootの弁解: Kingrootの中国人どもは 一応、こんな事をぬかしております
貴方がもしもIMEIを使ってわれわれが偽造電話を作るかもしれないという疑惑を持っているならば、それは有りません。
私たちKingrootにはそんな技術も興味もまったくありません。 

posted by taga at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月16日

[Docomo/Xperia A4]SO-04GのDeodex化

XperiaA4/SO-04G(MarshMallow6.0.1)のroot化後、System/Framework、System/app、System/priv-appをDeodex化してみました。
Z3Cの半年後にリリースされたこのXperiaA4ですがスペックがZ3Cと同じなのでZ3Cの高評価に比べると散々な悪評化ですが性能はおんなじですよ、そんなに悪く言われる筋合いではない。同じ性能のスマホをなんで半年後に出したんだという悪態ならdocomoのぼんくら官僚クズレに言えばいい。Z3Cは裏がガラスだけどA4はプラスティックなので割れにくいメリットがあるし半年遅れ分のH/Wバグ修正メリットもありむしろいい端末だと思うべきである。
だいたいZ3CはA4の練習台端末なのでZ3CとA4の両方PBL署名を持っている、だからA4のファームが焼けるんだけどA4はZ3Cの署名を持てないので焼けないのである。この点を知らないど素人がZ3Cファームでも焼けるだろなどとバカを言っている。

もはやA4/SO04Gで弄るところが無くなりました、GooglePayが使えるらしいがiPhoneとAppleWatch2で間に合ってるしワンセグも見ないし・・・次はなにをしようかなあ!

SO-04GのDeodex化:
※以下をSDカードにコピー後TWRPを再起動しInstallから以下を導入する

SO-04Gの初期化とかリセット後:→TWRPのInstallメニューから実行
※不要でゴミでしかないDocomoアプリを消す道具
posted by taga at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月13日

[Docomo/Xperia A4]SO-04GをRoot化する

SO-04G関連Root化のまとめ

adbのセットアップ:

flashtoolの導入:

SO04G向けandroid5.0.2 lollipopのdocomo純正ファームを焼く:
SO-04G_23.1.B.0.435_1296-2804_R7C.ftf <-SO04G向けandroid5.0.2 lollipop docomo純正ファームファイル

XperiaのLollipop版ftfを焼いたあとLollipopを起動し、
以下をinstして実行するとroot権が取れるというものです(現状最新の5.0.6版)
root権とれたら直ぐにTWRPを導入してください。
※kingrootというのは中華共産主義製です、どんなトラップが仕込まれてるか知れたものではないのでrootを捕ったら直ぐにTWRPを導入しドコモ純正のftfを元ににsupersuをマージしたprerootファームを焼きます。
TWRPでprerootを焼くと焼く前のsystemパーティションとカーネルが消えprerootに書き換わりますのでkingrootの痕跡は消滅します。
kingrootを入れたままのOSを実用してはいけません(あほの鴨葱行為ですよ)

TWRPの導入:
Z3C-lockeddualrecovery2.8.26-RELEASE.combined.zip <- これを解凍しdos窓から中のinstall.batを実行する
TWRPの起動:
※再起動しSONYロゴがでたらLEDが緑からピンクに変わるまでボリュームマイナスキーを連打する

TWRPからprerootファームを焼く:
※あらかじめTWRP起動前にSDカードにprerootのzipを置き、TWRP起動後installからprerootを焼く
※焼いた後にWIPEでdalvikcacheとcacheをクリアする

TWRPから小細工用のinstallをする:私はdocomoが嫌いです のおまじない
gps_so04g.zip  <-google純正のgps.confに置き換える
so04g_docomo_app_delete.zip  <-docomoの痕跡を全部消す
so04g_docomo_mediaplayer_delete.zip  <-ドコモのメディアプレイいらない
so04g_docomoLIVEUX-Backup_delete.zip  <-ドコモの残骸残ってたらこれでけす
TechMode_23.5.B.0.396.zip  <-Basebandの電波受信状態測定アプリ

QPST/QXDM関連:
QPST 2.7 build 402 solcam.rar  <-QualCommのQPST BaseBasdツール
QXDM-3.12.714-www.getdriver.com-.rar  <-QualCommのQXDMツール
SO-04G Diag Drivers.rar  <-HTC Diag Driver にSO-04GのPIDを追加したもの

■開始
>adb shell
$su
#setprop persist.usb.eng 1
※USB デバッグを一度Offして再度OnするとDiagデバイスがデバイスマネージャに出てくる
※diagモデムデバイスはたくさん出現する、たぶんMI_04がモデム
■終了
>adb shell
$su
#setprop persist.usb.eng 0

■SO-04G 改造設定 NV1877
※QPSTのRF_NV_Manager.exeで書き換える
100600000EE80380
1,154,610,354,717,197,184

[Bit_07] GSM DCS 1800 band
[Bit_08] GSM Extended GSM (E-GSM) band
[Bit_09] GSM Primary GSM (P-GSM) band
[Bit_19] GSM 850 band
[Bit_21] GSM PCS 1900 band
[Bit_22] WCDMA Band I    - EUROPE JAPAN & CHINA IMT 2100 band
[Bit_23] WCDMA Band II   - US PCS 1900 band
[Bit_25] WCDMA Band IV   - US 1700 band
[Bit_26] WCDMA Band V    - US 850 band
[Bit_27] WCDMA Band VI   - JAPAN 800 band
[Bit_49] WCDMA Band VIII - EUROPE & JAPAN 900 band
[Bit_50] WCDMA Band IX   - JAPAN 1700 band
[Bit_60] WCDMA Band XIX  - Reserved for BC10-1700 band class

UMTS_BC1 UMTS_BC2 UMTS_BC4 UMTS_BC5 UMTS_BC6 UMTS_BC8 UMTS_BC9 UMTS_BC19

QXDM設定値
※QXDMで書き換える
ID:06828 169215109(Decimal) A160485(Hex) 1010000101100000010010000101(Bit)
Band1 Band3 Band8 Band11 Band18 Band19 Band21 Band26 Band28
bit0 bit2 bit7 bit10 bit17 bit18 bit20 bit25 bit27

その他:
ポケモンGOの位置偽装とかroot権状態でも動かせる小細工などはご自分でネットを漁りやってみてください、私はスマホでゲームをしない人なので興味がありません。

いままでの経緯は以下過去記事参照の事(必要ななToolも以下に置いてあります)

posted by taga at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記